/

この記事は会員限定です

進む老朽空き家対策の課題は(点照)

[有料会員限定]

約81万戸の空き家がある東京。空き家対策特別措置法の全面施行からまもなく5年となり、老朽化が著しい建物やごみを撤去する動きが相次ぐ。その一方で、制度上の課題も浮き彫りになってきた。

東京都北区滝野川2丁目の一角に、建物の基礎を残して更地になった約180平方メートルの土地がある。区が空き家法に基づいて1月に建物を撤去した跡地だ。木造平屋建てだったこの住宅が登記されたのは大正時代末で築100年近い。少...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り782文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン