/

この記事は会員限定です

自動運転と信号連動 バス実験「遅れ」なく 静岡・沼津

静岡CASE発進―「つながる」先へ(上)

[有料会員限定]

静岡県などによる公道を使った自動運転の実証実験が1月22~31日、同県沼津市で実施された。第3弾となる今回は、全国初の自動運転車両を使った信号制御に挑んだ。トヨタ自動車が同県裾野市でのスマートシティー構想を表明するなど、CASEの中でも「C(コネクティッド)」の注目が高まるなか、信号機とつながった自動運転の動きを追った。

22日朝、沼津港で出発式を終え、自動運転バスが走り出した。JR沼津駅と沼津港の2.2キロ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1122文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン