/

この記事は会員限定です

門川市政、集大成の4期目へ 観光と市民生活両立なるか

[有料会員限定]

任期満了に伴う京都市長選は2日投開票の結果、現職の門川大作氏が新人2人を抑えて4選を果たした。12年ぶりの3極対決となる中、政党や団体の組織力に支えられた門川氏が厳しい選挙戦を制した。京都市長の4選は1950年から4期務めた高山義三氏以来、2人目。訪日観光客の急増による「観光公害」を契機に表面化した諸課題にどう取り組むか。4期目の門川市政は集大成の4年間となる。

「京都は観光のためにできた都市で...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り700文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン