プロ野球

巨人・菅野、フォーム改造 完全復活へ変化求めて
キャンプの真価2020(1)

2020/2/3 19:06
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

キャンプで初めてブルペン入りした2日、巨人のエース菅野の投球フォームは昨季までとはがらりと変わっていた。左脚を上げる前に、胸の前で構えたグラブを担ぐように右肩の上まで持っていく独特のスタイル。新フォームで変化球を交えて32球を投じ「コーナーに制球されていたと思うし、球自体も力強かったように感じられている」と納得の表情を浮かべた。

チームが5年ぶりのリーグ優勝を果たした昨季、自身も3年連続の2桁勝…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

10回広島2死二、三塁、大盛が決勝の二塁内野安打を放つ(19日、神宮)=共同

【広島3―2ヤクルト】広島が競り勝った。1―2の八回に堂林の13号ソロで追い付き、延長十回2死二、三塁で大盛の適時内野安打で勝ち越した。3番手のフランスアが2勝目。ヤクルトは二回に坂口の2ランで逆転し …続き (19日 22:27更新)

3回DeNA無死二、三塁、オースティンが右中間に3ランを放つ(18日、横浜)=共同


 三回、チームにも本人にも待望の一発が飛び出した。DeNAのオースティンが序盤でリードを5点に広げる3ラン。不振にあえぐ大砲の22打席ぶりとなる安打が、最高の形で生まれた。

 2球であっさり追い込まれた …続き (18日 23:08)

6回無失点で6勝目を挙げたDeNA・井納(18日、横浜)=共同

【DeNA6―0巨人】DeNAが快勝した。二回に倉本の2点適時打で先制。三回にオースティンの6号3ラン、五回には梶谷の12号ソロで加点した。井納が6回無失点で6勝目を挙げた。巨人は戸郷が5回6失点と誤算。打線も2試合連続で零敗を喫した。 …続き (18日 22:15)

ハイライト・スポーツ

[PR]