/

この記事は会員限定です

巨人・菅野、フォーム改造 完全復活へ変化求めて

キャンプの真価2020(1)

[有料会員限定]

キャンプで初めてブルペン入りした2日、巨人のエース菅野の投球フォームは昨季までとはがらりと変わっていた。左脚を上げる前に、胸の前で構えたグラブを担ぐように右肩の上まで持っていく独特のスタイル。新フォームで変化球を交えて32球を投じ「コーナーに制球されていたと思うし、球自体も力強かったように感じられている」と納得の表情を浮かべた。

チームが5年ぶりのリーグ優勝を果たした昨季、自身も3年連続の2桁勝利...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り780文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン