愛媛産品成約額、4~12月61%増 電動三輪車が貢献

2020/2/3 18:56
保存
共有
印刷
その他

愛媛県産品の販売拡大に取り組む県の組織「愛のくに えひめ営業本部」がまとめた2019年4~12月の成約額は、前年同期比61%増の159億8200万円だった。フィリピンで電動三輪車の大型案件が36億円分あり貢献した。大手量販店などとの成約が伸びた水産物や、デジタルマーケティング活用が奏功したかんきつ類も全体を押し上げた。

中村時広知事は年度末に向けて「北海道で初めての大々的なフェアや、北関東でかんきつや水産物の大型フェアを開催する。オール愛媛で実需の創出に取り組む」としている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]