東証1部の安値更新銘柄、5カ月ぶり高水準

2020/2/3 19:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本株の下げが加速している。3日の東証1部で安値を更新した銘柄数は122と、2019年8月29日以来およそ5カ月ぶりの多さとなった。新型肺炎の感染拡大で世界景気が減速するとの懸念に加え、決算発表で業績の下振れが相次いでおり、失望売りが広がっている。

3日は前営業日に発表された決算への失望感から売られる銘柄が多く、コーセーや三菱自動車が昨年来安値を更新した。安値更新銘柄数は1月下旬以降急増し、5カ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]