/

この記事は会員限定です

ダイセル、組織運営は市場目線 用途別に再編

[有料会員限定]

化学大手のダイセルは4月、素材別だった組織を市場ごとに再編する。健康や電子部品を注力分野とし、関連素材を切り出してそれぞれ集約。研究開発や買収などを迅速化する。大量生産する主力品は他素材との競合などにより頭打ち気味で、自動車など川下分野でも異業種参入といった従来にない動きが相次ぐ。ダイセルも抜本的な組織改正で業界変化に備える。

大規模な組織再編は素材単位のカンパニー制を取り入れた2002年以来で、今回は横...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1500文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン