/

この記事は会員限定です

後発薬使用率、目標達成に暗雲 医療費無償化が影響

[有料会員限定]

後発薬(ジェネリック薬)の使用率が伸び悩んでいる。政府は医療費の抑制につなげるため2020年9月までに使用率80%を目指している。4000万人が加入する国内最大の全国健康保険協会(協会けんぽ)は足踏みが続き、いまのペースでは80%に届かない。子どもの使用割合が低く、自治体で広がる医療費の無償化が後発薬の使用を妨げている恐れがある。

後発薬は特許が切れた先発薬と同じ有効成分を使って作られる薬だ。先発...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り763文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン