郵政民営化こう直せ 金融2社と郵便局の稼ぎ方再考
本社コメンテーター 上杉素直

上杉 素直
Deep Insight
本社コメンテーター
2020/2/4 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

かんぽ商品を不適切に売っていた問題を発端に、日本郵政グループのあきれるほどずさんな体質が浮き彫りになった。再建を託された増田寛也社長は1月31日に業務改善計画をまとめて記者会見に臨んだが、不正の全容解明を強調するばかり。もちろんそれも重要だが、これからのかじ取りはほとんど何も語らなかった。

2007年10月に民営化してから12年が過ぎた。いまだに足元がぐらぐらの郵政の惨状をみていると、民間企業と…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

上杉 素直

本社コメンテーター

金融・経済政策

金融ビジネスや金融政策、税制・財政をはじめとする経済政策、社会保障の現場を取材してきた。2010年からのロンドン駐在では欧州債務危機に揺れる政治や行政、人々の暮らしをのぞいた。編集委員を経て18年から現職。

    ソーシャルアカウント:

本社コメンテーター

電子版トップ



[PR]