/

この記事は会員限定です

幹部全員から辞表 ビームス社長が選んだ道は

設楽洋さん

[有料会員限定]

「渋カジ」など多くの流行を生み出してきたセレクトショップの草分け、ビームス。2代目として30年以上、社長を務める設楽洋さんは、海外の優れた商品を選び抜いてきた。その目利きが最も試されたのは、会社が窮地に立たされたあのときだった。

「わたくし、生まれも育ちも東京・新宿です。歌舞伎町で産湯を使い、姓は設楽、名は洋、人呼んでフーテンのタラと発します」。新卒で入った電通の採用面接で、「寅さん」のものまねで笑...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3415文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経独自の視点で、ファッション、グルメ、アート、カルチャー、旅など上質感のあるテーマをカバー。写真を大胆に使った美しいビジュアルで、読者の知的好奇心を刺激します。

関連企業・業界

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン