/

九州電力、伊藤忠エネクスと業務用電力小売りで提携

九州電力は3日、商社系燃料大手、伊藤忠エネクス(東京・千代田)と工場などの大口需要家向け電力小売りで提携すると発表した。4月以降に共同で営業活動する。ガスや石油で幅広い顧客を抱える伊藤忠エネクスの営業網と九電の料金提案力を組み合わせ、主に関東や関西など九州域外で需要開拓を狙う。

大型工場などが使う「特別高圧」と中小型工場向けの「高圧」を利用する企業向けに営業する。北海道と北陸、沖縄を除く地域が対象。九州では九電本体が、九州以外では子会社の九電みらいエナジー(福岡市)がそれぞれ伊藤忠エネクスと提携する。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン