エプソン小川次期社長「新ビジネスモデルの構築目指す」

2020/2/3 18:07
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

セイコーエプソンが12年ぶりのトップ交代を決めた。碓井稔社長(64)は4月1日付で会長となり、小川恭範取締役常務執行役員(57)が社長に昇格する。小川氏は日本経済新聞の取材で「取り巻く環境は厳しいが、新たなビジネスモデルの構築などを進めれば事業拡大の可能性は大きい」と自信を見せた。主なやりとりは以下の通り。

――碓井社長から年明け早々に後任を打診され、即答したそうですね。

「会社全体が見えるポジ…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]