/

ZOZO一時19%安 衣料品サイトの成長鈍化を懸念

3日の東京株式市場で衣料品通販サイト「ゾゾタウン」を運営するZOZO株が急落した。一時は前週末比353円(19%)安の1470円まで下落し、2016年8月以来約3年半ぶりの安値を付けた。1月31日の取引終了後に19年4~12月期の連結決算が大幅減益だったと発表。ゾゾタウンなどの商品取扱高の伸びが市場想定を大幅に下回り、失望売りが広がった。

終値は13%安の1582円だった。売買代金は前営業日の約3倍に膨らんだ。

19年4~12月期は人件費や物流費などが重荷となり、純利益は前年同期比11%減の121億円。失望されたのは10~12月期の商品取扱高だ。冬物衣料が苦戦して前年同期比0.3%増と、少なくとも1ケタ台後半の伸びを見込んでいた市場予想を大きく下回った。SMBC日興証券の金森都氏は1月31日付のリポートで「ゾゾタウンの成長が止まった」と指摘した。

株価は18年7月に付けた4875円の3分の1に下がったが割安感に乏しい。PER(株価収益率)は21倍台と東証1部平均(約16倍)を上回る。焦点はZホールディングス傘下入りで相乗効果がどれだけ出せるかだ。ゾゾタウンは19年12月にヤフーのネット通販「ペイペイモール」に出店した。「商品取扱高を再び伸ばせなければ、株価が出直るのは厳しい」(外資系証券)との声が聞かれた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン