/

パナソニック営業益18%減 4~12月、FA部品苦戦

パナソニックが3日発表した2019年4~12月期の連結決算(国際会計基準)は営業利益が前年同期比18%減の2406億円だった。中国で企業の投資意欲が減退し、工場の自動化を促すファクトリーオートメーション(FA)の関連部品が苦戦した。欧州では車載機器の開発費が想定以上に膨らんだ。

売上高は5%減の5兆7556億円だった。FA部品などのインダストリアルソリューションズ部門が9841億円と10%減った。テレビは海外で中韓勢との価格競争が激しく、家電などアプライアンス部門は4%減の2兆590億円だった。事業売却で法人税の負担が減り、純利益は3%増の1781億円。

20年3月期通期の業績見通しは従来予想を据え置いた。売上高は前期比4%減の7兆7000億円、営業利益は27%減の3000億円を見込む。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン