震撼する中国戦略都市 新型肺炎、武漢に先端産業
半導体や自動車 世界貿易に縮小リスク

2020/2/3 18:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【広州=川上尚志、北京=多部田俊輔】新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大が中国の製造業を直撃している。発生地の湖北省武漢市は素材、自動車、ハイテクと幅広い産業が集まる戦略都市だが、春節(旧正月)休暇前に始まった他省との交通封鎖の範囲は広がっており、企業の休業が長引く恐れが強まっている。物流が滞れば中国全体の生産が低迷し、世界貿易が縮小するリスクが高まる。

新型肺炎の感染拡大は続き、省都の武漢市…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]