/

この記事は会員限定です

政府統計、事後検証を義務づけ 不正再発防止で

[有料会員限定]

政府は統計不正の再発防止に向け、2020年度からすべての統計の事後検証を各府省に義務付ける。調査計画と実施状況の整合性や回収率、精度など共通の項目ごとに評価し、統計全般を所管する総務省に提出させる。同時にホームページで対外公表し、外部の目も活用して政策立案の前提となる統計の信頼回復をめざす。

統計不正の発端となった厚生労働省の毎月勤労統計は、計画では全数調査が必要だった東京都内の大規模...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り481文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン