「物価高」実感、中高年で多く 教育支援で30代は恩恵

2020/2/3 22:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

世代ごとに感じる物価に差が出ている。総務省が公表している年齢層別の消費者物価をみると、2019年は30代以下が前年比で下落する一方、中高年層は上昇した。60代以上は1%程度の高い伸びだった。19年10月の消費増税で幼児教育・保育の無償化が始まり、その恩恵の有無が物価面にも表れた。可処分所得が目減りした中高年の消費が鈍る可能性もある。

19年の消費者物価指数(生鮮食品除く総合)の上昇率は0.6%で…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]