中国、地方幹部400人処分 新型肺炎で
武漢市長「権限なく公表できず」

2020/2/3 16:04
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【北京=羽田野主】新型コロナウイルスによる肺炎問題の広がりを受けて、中国共産党の習近平(シー・ジンピン)指導部は市や村など地方組織の幹部を大量に処分し始めた。防疫対策の徹底を求めるとともに、くすぶる共産党中央への批判をかわそうとする思惑が透ける。地方政府からは反発の声も出ており、党内では混乱もみられる。

新型肺炎の感染者が湖北省武漢市に次いで多い同省黄岡市は防疫が不十分だったとして共産党幹部ら3…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]