JMU、舞鶴での新造船撤退 中韓と競争激化で合理化

2020/2/3 13:13
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

造船国内2位のジャパンマリンユナイテッド(JMU)は3日、全国5カ所ある造船所のうち舞鶴事業所(京都府舞鶴市)での新造船の建造から2021年4~6月に撤退すると発表した。従業員300人は配置転換で対応する。新造は熊本県など残る4カ所の造船所に集約し、商船の全建造能力を約2割削減する。中韓勢との競争激化を踏まえ、合理化を急ぐ。

舞鶴事業所はJMUの主力造船所の1つで、日本海側で唯一の大型造船所。1…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]