新型肺炎、レジャーに影響 握手会延期など

2020/2/3 12:19
保存
共有
印刷
その他

新型コロナウイルス感染による肺炎の拡大防止を理由に、アイドルとの握手会を延期するなど、客との触れ合いを一時的に自粛するケースが相次いでいる。

TDLに向かう最寄り駅の歩道橋に掲示された、消毒液の利用を呼び掛ける看板(2日、千葉県浦安市)=共同

東京ディズニーランド(TDL)とディズニーシー(TDS)を運営するオリエンタルランドは、一部のキャラクターと入場者が触れ合える機会を当面取りやめ、キャラクターは同じ場所にとどまらないようにするという。

最寄り駅からTDLに向かう歩道橋には2日、園内に設置した消毒液の利用を呼び掛ける看板があった。TDSを訪れた埼玉県の高校1年の女子生徒は「アトラクションの案内係の人がマスク姿だったのには驚いた」と話していた。

異例の触れ合い自粛に、ツイッターでは「無くなってほしくないけど、キャストにもゲストにも病気になってほしくないし」「仕方ない」などとつぶやく人もいた。

アイドルグループ「AKB48」は1月30日、大阪市で今月1日に予定していた握手会の延期を発表。所属レコード会社は「お客さまやメンバーの体調管理を最優先に考慮した」と説明した。ジャニーズ事務所に所属するグループも各地で2~3月に予定されていたイベントを延期した。

秋田犬を間近で見ることができる観光施設「秋田犬の里」(秋田県大館市)では、1月30日から犬に触れることを禁止している。担当者は「犬に感染する可能性があるのか分からないので」と困惑した様子で話した。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]