台風復興願い豆まき 成田山新勝寺で白鵬ら

2020/2/3 12:11 (2020/2/3 12:16更新)
保存
共有
印刷
その他

千葉県成田市の成田山新勝寺で3日、毎年恒例の節分会があり、大相撲の横綱白鵬や歌舞伎俳優の市川海老蔵さんらが、昨年相次いだ台風被害からの復興や五穀豊穣(ほうじょう)などを願って豆まきをした。

成田山新勝寺の節分会で豆をまく横綱白鵬(右)と関脇高安(3日午前、千葉県成田市)

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」に出演する長谷川博己さんや門脇麦さんらも参加。かみしも姿の白鵬らが豪快に豆をまくと、境内の参拝客らは歓声を上げて手を伸ばしていた。

成田山はこの日だけで5万~6万人の参拝客を見込み、大豆860キロと落花生400キロを用意した。

成田山によると、本尊の不動明王は慈悲の心で鬼も改心させるとされ、「鬼は外」とは言わず「福は内」とだけ唱えるのが習わし。千葉県市川市の会社員、加藤由佳さん(31)は、大河ドラマ出演者の豆を手にし「今年はいいことがありそう」と満面の笑みを浮かべた。〔共同〕

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]