EU外相、イラン初訪問へ 核合意、中東情勢巡り協議

2020/2/3 11:29
保存
共有
印刷
その他

【テヘラン、ブリュッセル=共同】イラン外務省と欧州連合(EU)は2日、EUの外相に当たるボレル外交安全保障上級代表が3~4日にイランを訪問し、ザリフ外相らと会談すると発表した。崩壊の危機にひんする核合意の行方や、米イラン対立など中東情勢について協議する。ボレル氏のイラン訪問は、昨年12月の上級代表就任後初めて。

EUのボレル外交安全保障上級代表=AP

EU側発表によると、ロウハニ大統領やラリジャニ国会議長とも会談し「核合意を維持するとのEUの強い意思」を伝える。EUイラン関係についても意見交換する。

イランは今年1月5日、核合意の制限を一切受けずにウラン濃縮を進めると宣言。英仏独3カ国は1月14日、国連の対イラン制裁復活に道を開く「紛争解決手続き」の発動を発表し、イランは反発している。EUは1月24日、「問題の複雑さ」を理由に同手続きの日程延期を発表。延期幅などは明らかにしていない。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]