ZOZO、「ゾゾマット」で足の3D計測を2月下旬開始へ

2020/2/3 12:33
保存
共有
印刷
その他

専用のマットに足を載せて撮影すれば足の形を計測できる(写真提供:ZOZO)

専用のマットに足を載せて撮影すれば足の形を計測できる(写真提供:ZOZO)

日経クロステック

衣料品通販サイト「ゾゾタウン」を運営するZOZOは1月31日、「ZOZOMAT(ゾゾマット)」を使って自宅で足のサイズを測れるサービスを2月下旬に始めると明らかにした。足のサイズのデータをゾゾタウンに取り込むことで、利用者が試着なしにぴったりの靴を購入できるようにする狙いだ。

ゾゾマットは専用マットに足を乗せてスマートフォンでぐるりと撮影すると、自動的に足の長さや幅などを計測して3次元(3D)データを作成する。利用者はゾゾタウンで販売する靴について「マッチング率85%」など、サイズ別の相性度を把握できるようになる。ZOZOの沢田宏太郎社長兼最高経営責任者(CEO)はゾゾマットのサービス開始によって、「『靴を買うならゾゾタウンに行ってみよう』という世界にしたい」と意気込みを語った。

同社が同日発表した2019年4~12月期の連結決算は、売上高が前年同期比2.4%増の918億円、営業利益は同6.0%減の193億円で増収減益だった。消費増税と暖冬の影響で商品取扱高が伸び悩んだ。

(日経 xTECH/日経コンピュータ 鈴木慶太)

[日経 xTECH 2020年1月31日掲載]

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]