/

この記事は会員限定です

電力スポット、暖冬で昨冬比2割安、太陽光増え需給緩む

[有料会員限定]

電力のスポット(随時契約)価格が安値で推移している。電力会社などが取引所で売買する価格は昨冬に比べ2割ほど安い。暖冬傾向が続いているため暖房用などの電力消費が盛り上がらない。例年、冬場に落ち込む太陽光発電からの電力供給も比較的安定し、需給が緩んでいる。電力の売り手側は販売価格を固定させようと先物市場を活用する動きも出てきた。

事業者間で翌日の電気を毎日売買する日本卸電力取引所(JEPX)のスポット...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1264文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン