/

この記事は会員限定です

西武、沿線開発巻き返し 地元密着に転換

[有料会員限定]

西武ホールディングスが遅れていた沿線開発に本腰を入れ始めた。全国の有力観光地の開発に力を入れてきた同社。少子化で鉄道輸送の先行きが厳しいなか、沿線郊外で遊園地の整備や駅前での大規模再開発など地元基盤の再構築を迫られている。大株主だった米投資ファンドは成長が見込めないとして郊外の一部の経営基盤の売却を要求した歴史があるが、その「予言」を覆せるか。

「投資が遅れて老朽化してしまった」。後藤高志社長がこう話すの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1110文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン