21年の春分は3月20日 国立天文台の暦要項

2020/2/3 5:00
保存
共有
印刷
その他

国立天文台は2月3日付の官報で、2021年の春分の日を3月20日、秋分の日を9月23日とする暦要項を発表した。

21年には日本で観測できる月食が2回起きる。5月26日は皆既月食で、満月が地球の影に完全に覆われて赤く見える。11月19日には満月の一部が隠れて部分月食となる。

日食も2回起きるが日本では観測できない。6月10日に、太陽の中心部が月に隠れて外周が輝く金環日食がカナダやグリーンランド付近で、12月4日に太陽が全て隠れる皆既日食が南極付近で観測できる。

春分の日と秋分の日は、国立天文台が太陽の位置を計算して決定する。季節の目安となる二十四節気や、月の満ち欠けも発表している。

〔共同〕

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]