新型肺炎「世界景気減速も」 IMFトップ会見
各国に金融緩和維持求める デジタル通貨「慎重なアプローチを」

2020/2/2 18:01
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ワシントン=河浪武史】国際通貨基金(IMF)のゲオルギエバ専務理事は中国発の新型コロナウイルスによる肺炎について「世界景気に短期的な減速をもたらす可能性がある」との懸念を表明した。「生産や供給網の混乱をもたらしている」とし、日本など周辺国経済の下押しリスクへの警戒感も示した。主要中央銀行には「2020年中は金融緩和を維持すべきだ」と求めた。

ゲオルギエバ氏は新型肺炎の拡大などを受けて、日本経済…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]