/

この記事は会員限定です

香港、境界封鎖求めストへ 肺炎対応に不満広がる

[有料会員限定]

【香港=木原雄士】香港で新型コロナウイルスへの政府の対応に不満が広がっている。一部の医療関係者は中国本土との境界を完全に封鎖するよう求め、3日からストライキに入る。背景には中国の感染者が高度な医療を求めて香港に流入しているとの不信感がある。このまま感染者が増え続ければ、大規模デモで生まれた反中感情が一段と高まりかねない。

香港は2003年の重症急性呼吸器症候群(SARS)で299人の死者を出した経...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り782文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン