トヨタ、鉄の調達基準を緩く 仕入れ先の負担軽減へ

2020/2/2 22:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

トヨタ自動車は2019年度中に国内で自動車生産に使う鋼材の調達基準を見直す。品質や大きさなどの受け入れ基準を緩める。国内市場の縮小や新興国の台頭で日本の製造業の競争力の低下が指摘される中、素材メーカーなどの負担が軽くなるようにして、国内のものづくり力を維持する。

自動車のボディーに使う鋼板やエンジン部品に使う特殊鋼が対象で、トヨタの鋼材調達量全体の数%の規模になる。鋼材では受け入れの可否を判断す…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]