新型肺炎、フィリピンで死者 中国国外で初か
中国本土は死者300人超、感染者1.4万人超

2020/2/2 12:39 (2020/2/2 13:06更新)
保存
共有
印刷
その他

新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(中国疾病予防コントロールセンター、GISAID提供)=共同

新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(中国疾病予防コントロールセンター、GISAID提供)=共同

【北京=共同】中国国家衛生健康委員会は2日、肺炎を引き起こす新型コロナウイルスの感染者が2590人、死者が45人増えたと発表した。中国本土の感染者は1万4380人、死者は304人となった。フィリピン保健省は2日、新型肺炎で男性(44)が死亡したと明らかにした。同省によると、中国国外での死者は初めて。

日本外務省は2日、新型肺炎が発生し、封鎖状態にある中国湖北省武漢市から邦人を帰国させる政府チャーター機の第4便は、今週半ば以降となる見通しを明らかにした。在中国大使館が1日に帰国希望者にメールで連絡した。

湖北省の2日の発表によると、同省だけで感染者が1921人増えた。中国国内で増加した死者45人は全て同省内で確認された。

春節(旧正月)の長期休暇で帰省していた出稼ぎ者らのUターンは既に始まっている。中国当局は、北京など都市部で感染がさらに拡大することを懸念しており、休暇明け後の勤務を可能な限り在宅で行うよう指導している。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]