インドネシア、武漢から245人帰国 政府チャーター機

新型肺炎
東南アジア
2020/2/2 12:16
保存
共有
印刷
その他

【ジャカルタ=鈴木淳】中国湖北省の武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受け、インドネシア政府が武漢に派遣したチャーター機が2日、同国民245人を乗せて帰国した。帰国者を離島の国軍施設に2週間隔離するなどして、国内での感染防止を確実にする方針だ。

2日朝、シンガポールに近いバタム島の空港にチャーター機が到着した。帰国者は国軍機に乗り換え、南シナ海南端にあるナトゥナ諸島の国軍の医…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]