滋賀の患者死亡、3日に再審初公判 検察は有罪立証せず

2020/2/1 21:05
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

滋賀県東近江市の湖東記念病院で2003年、男性患者(当時72)の呼吸器を外して殺害したとして殺人罪が確定し、服役した元看護助手、西山美香さん(40)の再審初公判が3日、大津地裁(大西直樹裁判長)で開かれる。検察側は新たな有罪立証をしない方針を示しており、無罪が確実視される。10日の第2回で結審し、3月31日に判決が言い渡される見通し。

西山さんは現在、同県彦根市内のリサイクル工場で働きながら、仕…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]