新型肺炎、官民が新薬開発急ぐ 実用化にはハードル

2020/2/1 20:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

中国・湖北省武漢市を中心に拡大が続く新型コロナウイルスに対し、企業や研究機関がワクチンや治療薬の開発を本格化させている。米新興企業などがワクチン開発を始め、米アッヴィなど製薬大手も中国に既存の抗ウイルス薬を寄付すると発表。試験的に使用してもらい有効性を確かめる考えだ。予防や治療への取り組みが広がるが、ウイルスの性質はいまだ不明の部分も多く実用化にはハードルもある。

新型コロナウイルスは、中国で死…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]