/

この記事は会員限定です

日経平均2万2000円まで下落も 新型肺炎、市場の見通し

[有料会員限定]

新型肺炎問題を懸念した市場のリスク回避の動きが加速してきた。31日の米国市場ではダウ工業株30種平均の下げ幅が603ドルと昨年8月以来の大きさとなった。3日には春節(旧正月)で休場していた上海証券取引所での取引も再開され、大幅安が警戒される。先行きの見通しを市場関係者に聞いたところ、日経平均株価の当面の下値メドは2万2000円前後との声が聞かれた。

証券や商品のうち、下げがきついのが景気動向を映す...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り644文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン