渡辺棋王が先勝 将棋の棋王戦第1局

囲碁・将棋
2020/2/1 17:51
保存
共有
印刷
その他

将棋の渡辺明棋王(35)に本田奎五段(22)が挑戦する第45期棋王戦(共同通信社主催)5番勝負の第1局は1日、金沢市の北国新聞会館で指され、午後5時4分、95手で先手の渡辺棋王が先勝した。

渡辺棋王は8連覇を目指し、本田五段はタイトル初挑戦での奪取を狙う。

戦型は矢倉。じっくりした戦いの中、渡辺棋王が絶妙の桂跳ねで優勢となり、押し切った。

持ち時間各4時間のうち、残りは渡辺棋王1時間9分、本田五段33分。

第2局は16日、宇都宮市の宇都宮グランドホテルで行われる。

〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]