/

花粉飛散、リアルタイムで 環境省「予防対策に」

春の花粉シーズンが本格化するのを前に、環境省は1日、全国各地で観測している花粉飛散データの公開を専用ホームページで始めた。5月末まで続け、リアルタイムで飛散状況を確認できる。花粉症の症状緩和や予防対策に役立ててほしいとしている。

環境省によると、市街地を中心に全国120カ所に設置した計測器で、1立方メートル当たりの花粉数を調べ、ホームページ上の地図に示す。花粉の発生源となる山間部の飛散状況や、花粉の移動を予測できるように風向きや風速も表示。データは1時間おきに更新する。

1日午前10時から、関東や中部以西のデータを公開。14日から東北、3月中旬から北海道のデータも公開する予定。

観測システムの愛称は「はなこさん」で、2002年に関東で運用が始まり、07年には全国に拡大した。花粉回避の参考にしてもらおうと毎年データを公開している。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン