/

中国本土、新型肺炎の感染1万1000人超 死者は259人

武漢市トップ、初動遅れ認める

消毒をする葬儀場の従業員たち(1月30日、湖北省武漢市)=ロイター

【大連=渡辺伸】中国の湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎で、中国本土の感染者数は1月31日時点で累計1万1791人となった。中国の国家衛生健康委員会が1日発表した。前日から2102人増えた。死者数は46人増え、259人となった。中国本土以外でも、英国やロシアなどで初感染者が確認され、26カ国・地域に広がっている。

武漢市トップの馬国強・市党委員会書記は31日、国営中央テレビで「責任を感じる。少しでも早く厳格な措置を取っていれば、結果は今よりも良かった」と述べた。感染拡大を防ぐうえで初動対応の遅れを認めた。

中国外務省は31日、国外にいる武漢市民が同市に戻るためにチャーター便を飛ばすと発表した。在日中国大使館によると、日本では中国の春秋航空が1日、羽田空港から武漢へのチャーター機を運航させる。乗客は1人あたり2380元(約3万7千円)を支払う。

新型コロナウイルスによる肺炎を巡っては、世界保健機関(WHO)が30日、国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態宣言を出した。

新型肺炎

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン