英EU離脱、企業流出・撤退第2波も 通商交渉始動へ

英EU離脱
2020/2/2 16:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ロンドン=佐竹実】英国が欧州連合(EU)から離脱し、関税ゼロの現状が維持される「移行期間」が始まった。移行期間が切れる12月末までに自由貿易協定(FTA)を結べるかが焦点だ。もし破談となれば無秩序な離脱になる可能性もある。特に警戒するのが企業の撤退・縮小が相次ぐ自動車業界だ。これまでEUへの輸出には不要だった関税が復活すれば英国製の自動車は競争力を失いかねない。英産業がさらなる外資流出に直面す…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]