/

この記事は会員限定です

英EU離脱、企業流出・撤退第2波も 通商交渉始動へ

[有料会員限定]

【ロンドン=佐竹実】英国が欧州連合(EU)から離脱し、関税ゼロの現状が維持される「移行期間」が始まった。移行期間が切れる12月末までに自由貿易協定(FTA)を結べるかが焦点だ。もし破談となれば無秩序な離脱になる可能性もある。特に警戒するのが企業の撤退・縮小が相次ぐ自動車業界だ。これまでEUへの輸出には不要だった関税が復活すれば英国製の自動車は競争力を失いかねない。英産業がさらなる外資流出に直面する...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1635文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン