ブラジル通貨、最安値更新 新型肺炎で南米通貨総崩れ

新型肺炎
中国・台湾
中南米
2020/2/1 7:53
保存
共有
印刷
その他

【サンパウロ=外山尚之】新型コロナウイルスによる肺炎を巡り、中国と経済関係が深い南米各国の通貨が売られている。ブラジルの通貨レアルは31日の外国為替市場で前日比0.9%安の1ドル=4.28レアルと、過去最安値で取引を終えた。チリやペルー、コロンビアなども年初来安値を付けており、総崩れの様相だ。各国とも新型ウイルスの感染者は確認されていないものの、輸出が鈍化するとの警戒感から売りが止まらない。

レ…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]