/

この記事は会員限定です

新型肺炎、吹き飛んだ楽観論

NQNニューヨーク 松本清一郎

[有料会員限定]

米株市場を新型肺炎ショックの第2弾が襲った。1月31日のダウ工業株30種平均は前日比603ドル下げ、27日に記録した453ドル安を超える急落となった。米政府が30日夜、中国への渡航警戒レベルを最高の「渡航中止・退避勧告」に引き上げた。新型肺炎のまん延が、いよいよ実体経済にも影響を及ぼすとの懸念が広がった。

米政府の警告を受けて航空会社も動いた。デルタ航空は31日、2月6日から4月末まですべての中国...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1113文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン