31日の予算委論戦のポイント

2020/2/1 0:16
保存
共有
印刷
その他

衆参両院予算委員会の論戦ポイントは次の通り。

【新型肺炎】

中山泰秀氏(自民、衆)新型肺炎を指定感染症にする政令を、すぐに施行するべきだ。中国・武漢からチャーター機で帰国した邦人の搭乗費用は政府が負担するべきだ。

安倍晋三首相 政令は2月7日に施行予定だったが、世界保健機関(WHO)の緊急事態宣言を受け、2月1日に施行する。わが国に入国しようとする者が感染症である場合には、入国を拒否する。チャーター機の運賃は政府が負担する方向で検討する。情勢変化を踏まえながら、やるべき対策をちゅうちょなく決断し、実行していく。

浦野靖人氏(維新、衆)国民に正確な情報が届くようにしてほしい。

加藤勝信厚生労働相 デマがネット上などで流れていることを認識し、的確に対応していく。

中西健治氏(自民、参)WHOの緊急事態宣言を受けた対策強化は。

首相 湖北省を除く中国全土に対する感染症危険情報を、不要不急の渡航の自粛を求めるレベル2に引き上げる。

中西氏 日本経済の下振れリスクになり得る。

首相 観光などへの影響もよく見極めた上で、事態の進展に応じて必要があれば予備費の使用も検討したい。

矢田稚子氏(国民、参)感染者隔離が可能な「新感染症」への指定は。

厚労相 現時点では該当しない。状況に応じて的確に判断する。

柳ケ瀬裕文氏(維新、参)感染地域から入国を制限する立法措置を早急に検討する必要がある。

森雅子法相 政令施行で患者の上陸拒否が可能になる。患者だと確認できない場合は検討中だ。

【桜を見る会】

太田昌孝氏(公明、衆)内閣府が国会提出した文書の記載事項が一部消去されていた。政府の根幹を揺るがしかねないと危惧する。大変に憤まんやる方ないと断じたい。

首相 行政文書の保管や廃棄での不適切な取り扱いや、記載の一部を消去する不適切な対応があった。誠に遺憾だ。

山井和則氏(無所属、衆)首相の地元支援者向け「前夜祭」の夕食会費は、政治資金収支報告書に記載すべきだ。

首相 夕食会の主催は後援会だが、契約主体としては、それぞれ個人が支払っている。

石橋通宏氏(立民、参)会場のホテルが参加者に渡した領収書の写しを提出するべきだ。

首相 事務所職員は参加者とホテル側の参加費のやりとりを仲介したものの、ホテル側との契約の当事者はあくまでも個々の参加者だ。領収書の写しなどの提出をホテル側に求めるのは困難だ。

石橋氏 昨年の桜を見る会で、首相事務所の推薦人名簿を内閣府が受け取ったのはいつか。

大西証史内閣審議官 担当者に確認したが定かでない。

伊藤孝江氏(公明、参)関連文書の適正な管理がなされない状態が漫然と続いていたのは非難されてしかるべきだ。

首相 公文書管理のさらなる徹底方策を検討していく予定だ。

【カジノを含む統合型リゾート施設(IR)】

奥野総一郎氏(国民、衆)2017年2月の訪米時、カジノ経営者も出席した朝食会でカジノの話題を持ち出したのか。

首相 日本は観光立国として成功を収めつつあるとの話をした。16年12月にIR整備推進法が成立したことも紹介した。

奥野氏 IRで整備予定の施設のうち、カジノだけやめたらどうか。

首相 国際会議場や展示場、大規模な宿泊施設が併設されるが、さまざまな投資を呼び込む中、今言った施設だけでは投資が推進しない。

塩川鉄也氏(共産、衆)カジノ管理委員会事務局は公正、公平なのか。

武田良太国家公安委員長 管理委は事業者を選ぶ権利なんてない。

大門実紀史氏(共産、参)IR汚職事件で逮捕された秋元司衆院議員をなぜ副大臣にしたのか。

首相 専門性や経験、調整能力、発信力を総合的に勘案した。

【日米関係】

中山氏 日米関係をどう発展させていくか。

首相 安全保障関連法で助け合う同盟になった。助け合うことのできる同盟は、より絆を強くする。

〔共同〕

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]