/

この記事は会員限定です

サイバー攻撃から機密保護 防衛省、20年度から強化

自動復元技術や不正部品検知

[有料会員限定]

防衛省は2020年度からサイバー攻撃による防衛機密の流出防止策を強化する。省内や自衛隊のサーバーが攻撃を受けた場合、自動で動作を止めて他のサーバーが情報を復元する技術を試行する。次世代通信規格「5G」の導入に合わせて通信機器への不正部品の埋め込みを検知する技術も開発する。サイバー攻撃の増加を受けて契約企業にも対策を呼びかける。

河野太郎防衛相は31日の記者会見で、防衛関連企業のNECがサイバ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1300文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン