/

この記事は会員限定です

大阪都構想、住民投票へ渦巻く思惑

[有料会員限定]

11月にも実施される「大阪都構想」の是非を問う住民投票に向け、各党の動きが活発化してきた。大阪維新の会は特命チームを設置し、悲願実現へ戦略を練る。反対論が根強い自民党は内部で勉強会を重ねる。公明党は賛成の立場を強調するが、他党からは「衆院選の時期次第では反対に回る可能性もある」と波乱を予想する声も上がる。

1月15日、大阪市内で開かれた公明党大阪府本部の新春年賀会。「よりよい制度案の方向性が公明党...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1140文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン