西中国信金、通帳アプリを開始

2020/1/31 20:44
保存
共有
印刷
その他

西中国信用金庫(山口県下関市)は紙の通帳の代わりにスマホを通帳として利用する「しんきん通帳アプリ」の取り扱いを2月1日から開始する。窓口での手続きは不要で、顧客はアプリをダウンロードし、口座番号などを入力する。同アプリを採用する信金が全国で増えているが、山口県内では初めて。

顧客は土曜午後10時~日曜午前8時の時間帯以外はいつでも残高や出入金明細を確認できる。アプリの利用開始で既存の通帳は利用できなくなり、信金にとっては通帳管理コストの削減になる。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]