/

R&I投信販売格付け、四国アライアンス証券引き上げ

格付投資情報センター(R&I)が実施した銀行・証券会社の投資信託の販売姿勢に関する評価で、四国アライアンス証券(松山市)の格付けが「A」から「Aプラス」に引き上げられた。伊予銀行については、昨年と同じ「Aプラス」を維持した。

四国アライアンス証券は、投信のモニタリングについて定性、定量評価の両面から明確な基準を定めたことや、顧客へのアフターフォローが適切に実施されている点などが評価された。評価は5段階(SS、S、A、B、C)で行われる。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン