/

この記事は会員限定です

銅、新型肺炎で下げ際立つ 中国市場の存在感映す

[有料会員限定]

銅価格の下げが国際商品の中で際立っている。中国で新型肺炎の感染が広がり、需要の減少が懸念されている。世界から製造拠点が集まる中国の消費量の存在感は、原油などに比べ高い。サプライチェーン(供給網)の混乱で、製造業を中心に打撃が深まるとの不安心理が根強い。

国際指標となるロンドン金属取引所(LME)の3カ月先物価格は1月30日、1トン5587.5ドルをつけた。終値としては2017年5月以来の安値だ。1...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1047文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン