/

この記事は会員限定です

就職世代、地方から所得高い東京へ 企業も人材確保

人口移動 首都の潮流(上)

[有料会員限定]

人口の一極集中が続く東京で、就職世代を中心に流入が増える一方、子育て世代や外国人は郊外や都外へ転出する動きが顕著になっている。新卒者らは就職条件がいい東京に上京してきており、都心のマンション高騰で子育て世代は23区内を避けつつある。都内の人の流れは都心回帰一色ではなくなってきている。

「このまま地方にいてもだめだ」――。金沢大学3年生(休学中)で就職活動の動画をインターネットで配信する福田駿さんは...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り990文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン