FCC、中国拠点の操業再開延期 新型肺炎拡大で

2020/1/31 20:06
保存
共有
印刷
その他

ホンダ系部品メーカーのエフ・シー・シーは31日、中国・武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大の影響を受け、同国内の拠点の操業再開を延期することを明らかにした。上海市と広東省仏山市の拠点では、操業再開は春節(旧正月)明けとなる2月3日を予定していたが、10日に延期する。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]