/

柏崎原発の技術委が方針、議論取りまとめに着手

新潟県は31日、東京電力柏崎刈羽原子力発電所の安全管理などに関する技術委員会を開いた。中島健座長は「これまでの検証結果や課題、教訓を整理したい」と述べ、今後、これまでに実施した検証作業の取りまとめに着手する方針を示した。県は柏崎刈羽原発の再稼働に向け「3つの検証」が必要としている。技術委の検証作業は一つの区切りが付く格好だ。

31日に開いた委員会では、今後の議論の進め方や柏崎刈羽原発の安全対策などが議題にあがった。取りまとめた文書は、県に対する技術委としての回答と位置付ける。

ただ、中島座長は「安全管理に関する議論は尽きず、今後も作業は続けていく」としており、取りまとめ文書をいつまでに作成するかなど、時期は見通せないままだ。

有識者で構成する技術委員会は、原発の安全管理に関して技術的な助言、指導をする。2012年に一度報告書をまとめ、13年から課題別の議論を続けている。

新潟県では技術委による事故原因の検証作業のほか、事故が健康と生活に及ぼす影響の検証、安全な避難方法の検証を「3つの検証」としている。技術委以外の検証作業も議論を総括する作業に取りかかっていない。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン